乾燥肌と不摂生がたたった末の、ほうれい線

 未分類  乾燥肌と不摂生がたたった末の、ほうれい線 はコメントを受け付けていません。
4月 042014
 

ほうれい線が気になりだしたのは、二十代半ばころのことでした。
当時は慣れない仕事の毎日に疲れ切っていて。
メイク落としもしないまま寝てしまい、そのまま朝を迎え、軽く化粧を直して出勤する、なんてことがたまにありました。
若いころはそれでも大丈夫でしたが、二十代半ばも過ぎると、さすがに肌はもちません。
もともと乾燥肌だった私ですが、そんな不摂生がたたったせいもあり、気が付くと、ほうれい線にくっきりシワが入ってしまっていました。

肌荒れを誤魔化すために化粧を濃くしていたこともあり、朝は念入りにメイクしても、時間が経つとほうれい線がくっきり……。
頬の肉が多く、それが垂れてきていることもあり、ほうれい線は本当に悩みの種でした。
顔にシワがあると、一気に老け込んで見えるんですよね。

それに友人との美容の会話でほうれい線の話になったり、男友達に「ほうれい線のある女は老けてる」と言われたりするたびに、自分に言われたわけではないのですが、恥ずかしくて俯いてしまっていました。

なんとか直したくて高いクリームを購入。
それを塗り続けたおかげで少しの期間シワが目立たなくなりましたが、そのクリームもいつの間にか販売停止になってしまい、他の商品を使ってみてもあまり効果を得られません。

今は、ほうれい線の部分にメイクをしないことで誤魔化していますが、日々濃くなっていくシワに悩んでばかりの毎日です。