6月 242015
 

頭皮は顔のTゾーンの2倍以上もの皮脂が分泌されています。
そのため、シャンプーする時にしっかりと汚れが落としきれていないと、毛穴が詰まってニキビができやすくなります。

逆に洗浄力の強すぎるシャンプーで毎日洗っていると、皮脂が根こそぎ奪われて頭皮が乾燥してしまうため、乾燥を防ごうと皮脂が過剰に分泌されて頭皮ニキビができてしまいます。
まずはシャンプーを見直してみるのが頭皮ニキビを治す早道です。

ドラッグストアなどで安く販売されているシャンプーは泡立ちをよくしたり、汚れ落ちをよくするために石油系の合成界面活性剤などが使われています。
これが頭皮の乾燥の原因になったり、化学成分が合わなかったりして、ニキビやかぶれ、かゆみやフケなどのトラブルを起こしてしまいます。

また、髪につやを与えたり指通りの良い髪にするためにシリコンなどが配合されていますが、これが毛穴に詰まってしまうと同様に様々な頭皮トラブルが起きてしまいます。

ヘアケア剤は全般的にこのようは化学物質が使われている場合がほとんどなので、ニキビが治るまではなるべくヘアケア剤の使用をストップするのが良いでしょう。

また、シャンプーも頭皮や髪に負担をかけない無添加タイプのものが向いています。
適度な洗浄力を持っていて汚れや皮脂をしっかりと取り除いてくれますが、頭皮を保護するための皮脂はきちんと残す働きをしてくれます。

頭皮と髪に優しくできているので、ニキビを早く治したいなら無添加シャンプーを使ってみるのが良いでしょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.